ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

カブって箱が似合うよね。って話

こんにちは ニベイアです。

 

ぼくはカブこそが至高の世界最高のバイクだと思っています。

ひいきってわけでもなくほんとにそう思ってます。

 

かれこれ12台くらい、コロコロといろんなカブにのりかえたり、複数所持したり、さわったりしてきたぼくぱノリが、見つけた株の大きな特徴、それは、

 


 〇箱をつけてもスタイルが崩れない

 

 

ええ、そのまんまです。(笑)

箱をつけてもスタイルが崩れません。

 

スポーツバイクで収納スペースを作ろうとしたら、だいたい、トップケースまたはタンクバックという選択肢になりますよね。

 

でも、特にトップケースって、せっかくのバイクのデザインを大きく崩しちゃいますよね。例えばCB400SFなんかだと、せっかくシートカウルが流線形で、後方のデザインんを完結させてるのに、またトップケースが表れて邪魔してる感じ。

 

 

 

からしゅしゅしゅっっと流れるようなデザインをトップケースが邪魔する感じ。

 

 

平たい草原を走り回ってたら急に岩がある的な。

 

 

なんてしょうもない例えはほっといて、

 

たしかに他に収納スペースがないのは確かですが、、、、あれほどデザインを犠牲にするものってないですよね!

 

 

 

 

がしかし!!!

カブだとどうなのか。

 

 

→カブだと、箱がデザインを崩しません!

 

 

というより似合います!!

 

f:id:equipmentalism:20180923151735j:plain

(学生の頃使用していたカブ。写真は日本一周前のなので、普段1段の箱が二段になってます。日常時は奥のカブみたく箱一つでした。大容量なので便利でした。)

 

 

なぜ箱が似合うのか??

もともとスーパー実用車なだけあって、荷台を乗せるキャリアが大きく、大きな荷物が想定されています。だからトップケースみたいにバイクから浮いている感じじゃなくて、あくまでバイクの一部、て感じで、なじんじゃうんですね、

 

 

デザイン的に、一般的なスポーツバイクやスクーターの多くが、フロントが低くてリアが高いデザイン(リアが斜め上にしゅっっっっ)としているのに対して、かぶは水平基調です。むしろ、リアフェンダーが、だらんと下がっているので、全体的に水平感が強いですよね。

 

 

銀行カブも警察カブも、郵政カブも、みーんな箱ついてます。しかも似合う(笑)

 

ま、二人乗りできませんけど、、、

 

 

 

 

 

、、、、、、、、

 

 

 

 

箱が似合う!!!

なんて、、

 

 

 

 

 

一つの記事にするほど書くことなかった、、、

 

 

 

 

 

以上ニベイアでした。