ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

【20万円で始める!!】エンデューロの始め方まとめ!(①貧乏な人遍)

 

 

www.equipmentalism.xyz

 

 

 

 

 

f:id:equipmentalism:20181010211049p:plain

画像:KTM

 

どうも。ニベイアです。

 

モトクロスやりたい!!エンデューロやってみたい!!!

でも周りにやっている人がいないからはじめられない。。

 

そもそも、どこから手をつけたらいいの⁇

 

お金はどのくらいかかるの??トランポは必要??

 

など困ってる未経験者さん、初心者さんがいるかと思いましたので、

 

エンデューロの始め方まとめ!を作りました。

 

今回は、「始めたいけど金はない

 

初期費用20万円・貧乏な人編です!!

 

 

②初期費用100万・中流の人間遍

(③初期費用500万・金持ち遍)

は後々記事アップ予定

 

①そもそも「始める」ってなに??

②最低限必要な物

③バイクの選び方

④装備の選び方

⑤コースデビュー

⑥レースデビュー

 

 

 

①そもそも「始める」ってなに??

f:id:equipmentalism:20181006130156j:plain

すでに周囲がレーサーだらけの方はなんとなくわかっているとおもいますが、

「レースに出る」が必ずしも「始める」ではありません。

 

多くの人は、「いつからエンデューロ始めましたか?」の問いに対して、

「初めてレースに出たとき」ではなく、「定期的にコースを走るようになった時」

が最初だと答えます。

 

つまり、「始める」=「コースを、月一とかで定期的に走るようになる」事だと思って大丈夫です。ただ走るだけです。のるだけ。簡単ですね(笑)

そもそもいきなりレースに出るのって、敷居高いし、参加費用もかかります(平均的に一万くらい)

 

必ずしもレースに出ないといけない!!なんてことはもちろんありません。

目標がレースに出ることならいいですが、「ストリートでのスキルアップ」「単純に楽しそうだから乗りたい」って人は別にレースに出なくても、クローズドコースで練習するだけで充分です。(といいつつ多くの人はレースに出だしますが笑)

 

後にも書きますが、貧乏ライダーは、形よりも先に、まず「乗ることが最優先です。

 

 

 

 

①最低限必要な物

 

今回は「貧乏な人遍!」(失礼)ということで、本当に最低限必要な物です。

 

  • バイク
  • ヘルメット
  • 服(作業着でいい)
  • ブーツ(足首&つま先は怪我しやすい)

以上です。

 

貧乏編、ということで、自走(トランポなし)を前提とします。

 

 

③バイクの選び方

f:id:equipmentalism:20181010215536p:plain

KDX125SR/カワサキ

 

当然ですが、これが一番大事です。費用的な面で。

車体価格はできれば10万以内、高くても15万以内に抑えたいところ。

 

費用の面から、車種の選択肢としては、

90年代~2005年式の車種が大多数になります。

また自走前提なので、ナンバー取得が可能であることも条件。

だとすると、

 

  • ホンダ XR230/250/XLR・XL/CRM
  • ヤマハ WR250F(FだよF)/DT/XTZ
  • カワサキ KDX/KLX125
  • スズキ TS/RMX
  • KTM EXC

(その他海外メーカーの古いのは部品供給に難アリ)

 

この中でも、特に90年代の2スト勢(CRM/DT/TS/KDX/RMX/)

は安いし、現役の車両も多いのでおすすめです。速いし。

 

僕はオフロードデビューはスーパーカブでしたが、そのあとKDX125SRを3万円で手に入れ、そのあとはRMX250Sに乗っていました

 

ちなみに安くバイクを手に入れる方法としておすすめなのは、

 

ヤフオク!」での個人売買です。

 

↓以前書いた記事です。ビビらせるようなこと書いちゃってますが、まあ、金ないけどエンデューロやりたいライダーは、スキル修得ってことで、ヤフオクに手だしときましょう。

www.equipmentalism.xyz

 

本題に戻りますと、ヤフオクでの個人売買は、前ユーザー→自分 の間に一切の業者が絡みません(ヤフオクも仲介業者ではあるが)

ので、当然安く車体を手に入れることができます。

 

もし、とんでもない故障車を手に入れたら、修理しましょう。

KDXなんかは未だにヤフオクに部品が転がっています。

エンデューロと整備スキルは切って離せないので、苦手な人はおぼえましょう。

 

 

④装備の選び方

f:id:equipmentalism:20181010221011p:plain

総額7万円レーサー(内訳:バイク3万、ツナギ3000、ヘルメット2マン、ブーツ二万、グローブ700円)(場所:寺山牧場/鹿児島県)

 

 

SHOEIのヘルメットに、FOXのウェアに、がエルネのブーツに、、、、

憧れます。かっこいいですよね。でもそんなにブランド物で

揃えたら、バイク一台分は費用が必要です。

 

だから貧乏レーサーは、

 

  • 海外製ヘルメット(FOXが意外と安い)
  • 作業着(ホムセンに売ってる)
  • 中古ブーツ(ヤフオクに売ってる。トライアル用でもヨシ)
  • ホムセン手袋
  • スケート用膝プロテクター

 

でバッチリです。恥ずかしいって??大丈夫。

エンデューロライダーは、えてしてアホなので、

「こいつなんてストイックなんだ!!クールだぜ!」って評価します。(テキトーに言ってます)

 

一番大事なのはウデです。「充実装備のへたっぴ」より、「見た目残念だけどうまい人」のほうが絶対にかっこいいです。だから練習を積みましょう。

 

装備のためにお金を用意してる時間があったら、練習しましょう。

 

いやホンとに、「見た目残念だけどうまい人」ってかっこいいんで。

 

※ブーツと膝プロテクターは経験上絶対にあった方が良いです。転んだ時のダメージが段違いです。

 

⑤コースデビュー

f:id:equipmentalism:20181010224035p:plain

※僕ではありません

 

さあ、KDXと、作業着の準備はできましたね。いよいよコースデビューです。

一人じゃ寂しいので、周囲の友人を連れて行ったり、またSNSで仲間を作りましょう。(もちろん一人でもいいですよ。)

 

コースがどこにあるのかわからない人は、「エンデューロ コース」でググりましょう。県に数か所あるはずです。

 

ついたら、最初はとにかくたくさん走って、慣れましょう。

オフロードって、だれでも最初は怖いです。人によっては、「滑りそう」「転びそう」が先行してあまり楽しくないかもしれません。

しかも周りの上級者の走りをみて、「自分はなんてう〇こなんだ。。」とか思っちゃいます。が、気にしないでください。あの人たちは何百時間も乗ってます。うまくて当たり前です。気にせず楽しみましょう。

 

慣れて手恐怖心がなくなり、思う通りに走れるようになってきたら、とても楽しくなってきますよ!

 

 

⑥レースデビュー

 

何度かコースを走って、興味が出てきたら、レースに出てみましょう。

 

多くのエンデューロレースが、「初心者クラス」を設けていますのでご安心を。

 

またエンデューロは最近の人気上昇っぷりから、おおくの草レース(ゆるーいレース)が全国各地で開催されています。エンデューロって、わいわい走る感じが強く、目を三角にしている人が少ないので安心してください。

 

 

 

②「中流階級の人編」&③「金持ち編」はこちら。

 

www.equipmentalism.xyz

 

 

www.equipmentalism.xyz