ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

【100万円で始める!!】エンデューロの始め方まとめ!(②中流階級な人編)

 

www.equipmentalism.xyz

 f:id:equipmentalism:20181010211049p:plain

画像:KTM

 

こんにちは。ニベイアです。

モトクロスやりたい!!エンデューロやってみたい!!!

でも周りにやっている人がいないからはじめられない。。

 

そもそも、どこから手をつけたらいいの⁇

 

お金はどのくらいかかるの??トランポは必要??

 

など困ってる未経験者さん、初心者さんがいるかと思いましたので、

 

エンデューロの始め方まとめ!を書きました。

 

今回は「始めたいしそこそこ金もある」

 

初期費用100万円・中流階級な人編です!!

 

①貧乏な人編はこちら↓

www.equipmentalism.xyz

 

 

 

 

①そもそも「始める」ってなに??

f:id:equipmentalism:20181006130156j:plain

ブロガー御用達フリーモデル、ゆかちぃこと河村友歌さん。かわいすぎるぜ(関係ない)

 

 

すでに周囲がレーサーだらけの方はなんとなくわかっているとおもいますが、

「レースに出る」が必ずしも「始める」ではありません。

 

多くの人は、「いつからエンデューロ始めましたか?」の問いに対して、

「初めてレースに出たとき」ではなく、「定期的にコースを走るようになった時」

が最初だと答えます。

 

つまり、「始める」=「コースを、月一とかで定期的に走るようになる」事だと思って大丈夫です。ただ走るだけです。のるだけ。簡単ですね(笑)

そもそもいきなりレースに出るのって、敷居高いし、参加費用もかかります(平均的に一万くらい)

 

必ずしもレースに出ないといけない!!なんてことはもちろんありません。

目標がレースに出ることならいいですが、「ストリートでのスキルアップ」「単純に楽しそうだから乗りたい」って人は別にレースに出なくても、クローズドコースで練習するだけで充分です。(といいつつ多くの人はレースに出だしますが笑)

 

後にも書きますが、貧乏ライダーは、形よりも先に、まず「乗ることが最優先です。

 

②必要な物

f:id:equipmentalism:20181006130034j:plain考えてる顔もかわいすぎるぜ、ゆかちぃ!

 

予算100万円ともなれば、バイクに加えて、ちゃんとした装備とトランポも買えちゃいます。まあトランポは焦って買うものではありませんのでご安心を。

 

<必要な物>

  • バイク
  • トランポ
  • ヘルメット
  • ウェア
  • プロテクター(チェスト&膝)
  • ブーツ

 

③バイクの選び方

中流階級のあなたには、レーサー(公道走行不可)の購入(公道走行不可)をお勧めします。

理由としては、性能はもちろんいいのですが、

 

  • 車体が軽いので練習が捗る。
  • 余計な部品がついていないので、整備がすげえ楽
  • 余計な部品がついていないので、余計なところが壊れない
  • トランポを買うお金がある

 

また、

具体的な車種についてですが、50万円~80マン円ほどの中古外車、もしくは国産新車が狙い目です

 

モトクロッサーではなくエンデュランサー(XC車※)を買いましょう。

理由としては、豊かな低中速トルク、ソフトなサスペンション、そして結構大事なのがサイドスタンドの存在です。(スタンドレスは山の中で結構めんどくさいです。)

 

この価格帯だと、KTMやHusqvana等海外ブランドは、2010年代の比較的新しい車両の中古が買えます。

国産だと、2ストならYZ125Xは余裕で新車が買えます(¥626,400)。4ストならCRF250RXやYZ250FXもギリギリ買えます。(CRF:¥847,800 YZ:¥810,000)

f:id:equipmentalism:20181011223547p:plain

YZ125X/YAMAHA

f:id:equipmentalism:20181011224107p:plain

YZ250FX/YAMAHA

 

f:id:equipmentalism:20181011223100p:plain

CRF250RX/Honda

 

可能なら新車がおすすめです。レーサーは特に。元々消耗が早い上に扱いも荒いので。

 

あと、モトクロッサーではなくエンデュランサーを買いましょう。

理由としては、豊かな低中速トルク、ソフトなサスペンションが上達の手助けをしてくれます。(モトクロッサーはゆっくり走るのには不向き)そして結構大事なのがサイドスタンドの存在です。(スタンドレスは山の中で結構めんどくさいです。)

 

HONDA/CRF250Rや、YAMAHA/YZ250F等をエンデューロ向けにモディファイした車両でもいいと思います。

 

あ、整備スキルを磨きたい!!って方は「①貧乏な人編」で紹介した車種がおすすめです。(90年代2ストトレール)

 

④装備の選び方

f:id:equipmentalism:20181011224359j:plain

もはやタイトルと全く関係ないけど、かわいいからつかってみたぜ

 

装備は普通にそろえましょう。

以下、無難な装備のそろえ方の一例です。ご参考に。

(今の著者の装備なんですけどね笑)

 

ヘルメット:SHOEI VFX-W (4マン)

ゴーグル:SWANS(0.5マン)

ウェア:FOX (2マン)

膝プロテクター:LEATT デュアルアクシス(1.5マン)

チェストプロテクター:LEATT 5.5 (2マン)

ブーツ:ガエルネ ED-PRO(4マン)

グローブ:FOX (0.5マン)

 

ブーツとヘルメットはとりあえず必需品です。特にブーツははかないと怪我します。

慣れるとブーツじゃないと怖くて乗れなくなります。

 

 ヘルメットはこちらを参考に↓↓

www.equipmentalism.xyz

 

 

 

上記でだいたい、合計14マンくらいですね。

(↓雑談ですが、著者は貧乏人なのでこんなそろえ方はできませんでした汗)

www.equipmentalism.xyz

 

⑤トランポの選び方

 

トランポについてはこの記事をご覧ください↓

 

unknown

 

 

 

⑥コースデビュー

 

f:id:equipmentalism:20181011231340p:plain

 

さあ、CRFと、装備の準備はできましたね。いよいよコースデビューです。

一人じゃ寂しいので、周囲の友人を連れて行ったり、またSNSで仲間を作りましょう。(もちろん一人でもいいですよ。)

 

コースがどこにあるのかわからない人は、「エンデューロ コース」でググりましょう。県に数か所あるはずです。

 

ついたら、最初はとにかくたくさん走って、慣れましょう。

オフロードって、だれでも最初は怖いです。人によっては、「滑りそう」「転びそう」が先行してあまり楽しくないかもしれません。

しかも周りの上級者の走りをみて、「自分はなんてう〇こなんだ。。」とか思っちゃいます。が、気にしないでください。あの人たちは何百時間も乗ってます。うまくて当たり前です。気にせず楽しみましょう。

 

慣れて手恐怖心がなくなり、思う通りに走れるようになってきたら、とても楽しくなってきますよ!

 

 

⑦レースデビュー

 

何度かコースを走って、興味が出てきたら、レースに出てみましょう。

 

多くのエンデューロレースが、「初心者クラス」を設けていますのでご安心を。

 

またエンデューロは最近の人気上昇っぷりから、おおくの草レース(ゆるーいレース)が全国各地で開催されています。エンデューロって、わいわい走る感じが強く、目を三角にしている人が少ないので安心してください。

 

 

 

③「金持ち編はこちら↓」

 

www.equipmentalism.xyz