ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

郵政カブ/MD90をてにいれた!!紹介します。

f:id:equipmentalism:20181027194013j:plain

ニベイアです。

 

縁あって、郵政カブ/MD90を手に入れたので紹介します。

郵政カブMD90は、72年に郵政省とホンダが共同開発してから、2009年に現行のMD110にバトンタッチするまで、ほぼ同じ仕様で作り続けられた、化石モデル。

数十年かけてスーパーカブが進化していく中でも、郵政カブは変わらなかったので、

HA02(スーパーカブ90)とはフレームからなにから違います。

 

f:id:equipmentalism:20181027194100j:plain

テレスコピックフォーク&2.75のワイドなタイヤ

f:id:equipmentalism:20181027194143j:plain

昔日本一周に使った箱を乗せてみた。似合う。(当たり前だけど。)

リアタイヤも2.75.太い。

f:id:equipmentalism:20181027194305j:plain

f:id:equipmentalism:20181027194322j:plain

ハンドル回り。フォークが違うのでスーパーカブとは全く違う。

グリップヒーター付き。あったかい。

ハンドル位置が高いのでポジションが違う。これもこれで、イイ

 

f:id:equipmentalism:20181027194435j:plain

f:id:equipmentalism:20181027194704j:plain

f:id:equipmentalism:20181027195815j:plain

前述した通り、化石バイクなので、エンジン形式も超古く、見慣れたカブのエンジンとは違う。

 

f:id:equipmentalism:20181027195622j:plain

行燈カブの時代のカブベースなので、タンクは別体式。しかも大容量。

サイドスタンドもごっつい。

f:id:equipmentalism:20181027195731j:plain

キャリアもデカい

f:id:equipmentalism:20181027195916j:plain

エアクリも上にある