ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

<ヤフオク>「入札を誘う開始価格」を決めるための、4つのポイント

f:id:equipmentalism:20181006122522j:plain

ニベイアです。

 

今回はやヤフオクで出品する際に迷う、

 

「開始価格」

 

の決め方について書きました。

一概にこう決めればいい!!というで物でははなく、売る商品によって価格の付け方は変わってきます。著者は、かれこれ10台近く、バイク車体の経験があり、開始価格の設定がどう影響するのか、見てきました。そこで僕の経験も交えて、記事を作ってみました!!

 

そのためこの記事は基本的に、「バイクの出品」に適した内容となっています。

価格帯の似た、自転車や家具にも応用できる内容だと思います。

 

早速ですが、僕は開始価格設定に際して、以下4つの順番を踏まえて、開始価格を設定しています。

 

 

 

 

ちなみに、出品準備中の方にはこの記事もおすすめです↓↓

www.equipmentalism.xyz

 

 

①最近時の落札相場から、いくらで売れそうなのか予測する

f:id:equipmentalism:20181006130156j:plain

 

一番のベースになるのが、「落札相場」です。最近の落札相場から、自分の商品がいくらで売れるべきか、予測しましょう。

 

ここで気を付けてほしいのが。「開催中のオークション」の価格を参考にしてはいけません。開催中のオークションは、「売れていない」商品です、つまり売れた実績がないので、参考にはなりません。かならず「落札相場」をチェックしてください。

 

ここでいったん、落札相場の80%を開始価格に設定します。

相場が10万円だったら8万円です。

 

②自分の商品の付加価値をチェック

だいたいの相場を把握したら、次は自分の商品が、平均と比較してどのくらいの価値があるのか、考えてください。値段が高くなる例をバイクで例えると、「タイヤ、チェーン新品」や「サスペンションOH済み」等です。※

 

※マフラーやホイールなどの高級カスタムパーツがついている場合は、ノーマルに戻して単品での出品を行った方が利益を出せます。ノーマル部品がない場合は、ヤフオクでその中古品を買う、くらいしてでも、分けて出品することをオススメします。そのくらい利益に差が出ますので。

 

逆に、「タイヤ交換必須」や「シート敗れアリ」等の特徴があると価値は下がります。

 

ここで、①で設定した価格に、付加価値分(もしくは減価値分)足しましょう。

タイヤ新品で+5000円だとすると、

8万円+5000円=85000円です

 

③ライバル商品をチェック

f:id:equipmentalism:20181006130034j:plain

次にライバル商品をチェックしましょう。直接のライバルがいない場合は、気にしなくてOKです。

 

条件の似たライバルがいる場合は、開始価格を少し下げて、優位性を示して、入札を募りましょう。

 

それかもし、確実な値段で売りたいのであれば、ライバルがいなくなるまで待つのも手です。入札者の取り合いになるので。

 

④早く現金が欲しいかどうか

これも結構大事です。

「少しくらい安くなってもいいから、確実に一週間で売りたい!」場合と、

「長引いてもいいから、少しでも高く売りたい」場合では、話が変わります。

 

前者の場合、とにかく注目を集めて、入札を入れることが目標なので、

②をさらに10パーセントほど下げましょう。

例:85000x0.9=76500円

 

後者の場合、出品一回目は、入札が入らなくてもいいや、くらいの、強気の価格設定でスタートさせましょう。そして一回入札なしで終わるたびに、開始価格を下げます。これを数回繰り返すと、どこかで入札が入ります。これが可能な限り高く売れる方法です。

例:11万円スタート→105000円→100000円→・・・・

 

※一円スタートについて

バイクの出品で、一円スタートは、個人的にオススメしません。

 

理由としては以下です。

 

・一円スタートをしたからといって相場以上まであがることはあまりない

→入札者もみんな相場を見ているので、相場から大きくは値段が離れない

・相場にすら届かない場合がある(一円で終わる場合もある)

→ニッチな商品だと、競らずに終わる最悪のパターンがある

・一円スタートのリスクを追わなくても、注目される方法がある

→出品時有料オプションの方が、ノーリスクなのでおすすめです。

これについては以下の記事で書きましたのでご一読を。

 

www.equipmentalism.xyz

 

 

<まとめ>

出品時は、

 以下の順序で開始価格を設定しましょう。

 

①最近時の落札相場から、いくらで売れそうなのか予測する

②自分の商品の付加価値をチェックする

③ライバル商品をチェックする

④値段を取るか、スピードを取るか考える

 

 

以上ニベイアでした!