ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

フェンダーが折れた!!10円&所要時間15分でキレイに修理する方法

f:id:equipmentalism:20181028193351j:plain

 

 

こんにちは。ニベイアです。

 

今回は、外装を簡単に、安く、早くちょっとおしゃれに修理する方法

をご紹介します。

モデルになるのは先日ウイリーにし失敗して、リアフェンダーを折られたEVO氏。

 

f:id:equipmentalism:20181103142327j:plain

f:id:equipmentalism:20181103142252j:plain

イヤアアアアアアアアアってかんじ。

 

 

これを

安く、早く。簡単に。そこそこ綺麗に修理してみました。

 

方法としては、

タイラップで修理する方法です。

フェンダーやシュラウドなど、主に外装部品の修理でよく使います。エンデューロ界隈ではかなりよく見る修理方法ですね。

 

先に、ビフォーアフターの写真です↓↓

f:id:equipmentalism:20181103141622p:plain

左が修理前。右が修理後。穴をあけてタイラップでバッテンに固定する方法です。

バッテンにすることによって、前後左右双方向での固定が可能になります。

 

 

<必要な物>

〇タイラップ

〇ドリル(φ3くらい。なければ、はんだごてでもOK)

 

<所要時間>

15分

 

まずフェンダーを外して、タイラップ用の穴をあけました。

電動ドリルだなんて高貴なものは持っていませんので、はんだごてでヤバめのガスを発生させながら穴をあけました。

f:id:equipmentalism:20181103141842j:plain

 

全部開けたとこ

f:id:equipmentalism:20181103141949j:plain

 

どりるで開ければもっと美しくなるのですが、、、

溶けだした樹脂で表面がイソギンチャクみたい。で気持ち悪いので、カッターで取り除きました。

f:id:equipmentalism:20181103142143j:plain

f:id:equipmentalism:20181103142234j:plain

 

 

であとはタイラップで止めていくだけ。注意したいのは、タイラップの詰め部分が裏側に来るようにすることくらいです。

f:id:equipmentalism:20181103142624j:plainf:id:equipmentalism:20181103142646j:plain

 

完成!!

 

 

一度この固定をしてしまえばそこに柔軟性が生まれて折れずらくなります(笑)

仮にタイラップがちぎれても、やり直せばいいだけなので簡単ですね。

今回は黒いタイラップを使用したので味気ないですが、カラフルなタイラップを使うとむしろおしゃれになるのでので、オススメ。(ちょっと高いけど。)

 

 

これで外装を買い直さなくて済みますね!!

 

以上ニベイアでした。