ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

N-VAN が2019カーオブザイヤー特別賞を受賞。トランポ界の革命児になりうるのか

f:id:equipmentalism:20181116221451p:plain

どうも、ニベイアです。

 

今回はトランポについて書きます。

 

車種は

 

N-VAN

 

2019カーオブザイヤー特別賞を受賞したそうです。おめでとうございます。

 

この車種のデビュー当初に著者は思った。

 

「こ、これは、、、トランポ界の革命時になるのでは!!??」

 

なぜかというと、FFにしたおかげて実現できた、

テールゲートの開口:1300mm、荷室高さ:1365mm

 

フルサイズそのまま乗る高さじゃん!!!(高さで言えばハイエース以上)

 

従来の軽バンで、フルサイズのオフ車をそのまま(フォークを縮めたり、フロントタイヤを一輪車タイヤに変えたりせずに)乗せれる車種は存在しませんでした。

唯一、スバル製サンバーが、RRレイアウトのおかげで、荷室前方は室内校に余裕があり、室内ではフォークをリリースできますが、乗せるときはやっぱりフォークを縮めていました。(著者は一時期サンバーにKX250Fを乗せていたので実体験です。)

 

このフォークをちじめたり、タイヤを変えたりって、めんどくさい。

でも維持費の安い軽バンに乗せたいので、軽バンオーナーは我慢していました。

 

そこでこのN-VANの登場ですよ。

「ほんとに乗るの??」と思った方。Off1様が早速トライしておられました。

www.off1.jp

 

フルサイズ、のってます。

助手席は倒してますが、リアシートは生きてますので、二人乗れるようです。タンデムですね。

 

ではトライアル車ではどうなのか??

と思い調べてみると、やはり試しておられる方が。

 

motor-fan.jp

 

まあフルサイズが載るので当然と言えば当然ですが笑

 

 

あとはホンダセンシングがついているのもありがたいですよね、とくに追従型クルーズコントロール。遠征でよく高速走りますから、これはかなり大きいかと。

こういう安全装備&快適装備については、乗用車ベースだとやっぱり強いですね~。

あとは個人的に、STYLE+FUNの丸目がかわいい。

 

 

 

、、、、、、まあ、結論、僕はハイエースが欲しんですけどね(爆)

 

 

www.honda.co.jp