ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

最速の原付二種はどれ??125cc最強マシンランキングTOP5!!(2スト編)

f:id:equipmentalism:20181124125651p:plain

どうも、ニベイアです。

 

僕の独断と偏見で、125cc最強ランキングを作ってみました。

 

今回は<2スト編>ということで、生産が終了してるモデルが大半になります。

 

※一応国内に流通している車種のランキングです。

※レーサーは含んでいません

※僕の独断と偏見です。

 

それではどうぞ!!

 

 

第5位 KDX125SR (kawasaki)

f:id:equipmentalism:20181027110121p:plain

 

最高出力:22ps

車  重:104.4kg 

 

栄えある第五位はKDX125SR。漢カワサキの緑色のマシンです。

カタログ上は22psとなっていますが、いや実際もっとあるだろ、

と多くの乗り手が語る、カマキリ号です。(当時は125の馬力規制が22psだった)

何を隠そう著者も昔乗っていました。

流通台数の多さから来る、部品の多さも魅力的な一台です。

 

 

 

 

第4位 TDR125R  YAMAHA

f:id:equipmentalism:20181124124823p:plain

画像http://2st125club.sakura.ne.jp/fan/tdr-o9.html

 

 

最高出力:29ps

車  重:110kg 

 

イタリアの、ベルガルダヤマハが作っていたのを、イタリアのレッドバロンが輸入&販売していたモデルです。

 

輸入車なので国内馬力規制枠から外れ、29psをたたき出しています

 

 

 

 

 

第3位 TZR125R  YAMAHA

f:id:equipmentalism:20181124124010p:plain

 

最高出力:30ps

車  重:119kg 

 

栄えある第3位はTZR125R(派生モデルでRRとRRSPもあります)

こちらもヤマハがイタリアで生産していたモデルを、日本で並行輸入して販売されていました。エンジンはTDR125Rと共通のようです。

 

国内で販売していた、「TZR125」とは別物です。

 

 

 

 

 

 

 

第2位 RS125 Aprilia (アプリリア)

f:id:equipmentalism:20181124125638p:plain

f:id:equipmentalism:20181124125651p:plain

 

最高出力:34ps(フルパワー)

車  重:136kg 

 

言わずと知れた、2スト125最後のフルカウルマシン。

国内でも流通量が多い車種でもあります。

 

速さもさることながら、現代的なデザインが特徴的ですね。

僕も学生の頃とてもほしかった一台です。

 

 

 

 

 

第一位 MITO125 CAGIVA(カジバ)

f:id:equipmentalism:20181124130318p:plain

 

最高出力:34ps

車  重:129kg 

 

栄えある第一位は!!!!MITO125!!

絶滅したイタリアンブランド・CAGIVA(カジバ)が作っていた

125スーパースポーツモデル。

 

カジバは2012年に、今のMV AGUSTA に引き継ぐ形で消滅しました。

 

年式によっては7速ミッションのモデルも存在します。

現代の125ccモデルとは比較にならないお金のかけ方が特徴てきですね。

 

学生の頃近くにあった自転車屋さんのオーナーが二台持っていました。

「よく壊れるから」だそうです、、、、