ニベイア・エンヂニヤリング

ーバイクを斜め後ろから見てみるメディアー

新車価格10万円以下!?激安 ホンダ Naviというコスパ最強バイク

f:id:equipmentalism:20181128210558p:plain

画像:bikebros

どうも、ニベイアです。

 

今回は独創的なデザインと、コスパで話題になった、

ホンダの「Navi」というバイクをご紹介します。

 

 

 

①Naviとは???

 

f:id:equipmentalism:20181128211057p:plain

f:id:equipmentalism:20181128211140p:plain



 

 

Naviはホンダがインドで生産し、インド向けに販売している110ccのATバイク。

 

2016年の、デリーオートエキスポ(インド)でデビューした新しいモデルです。

 

一般的なスクーターとは違い、二―グリップできるタンク形状を備えているのがポイント。

その独創性と、天下のホンダ製、ということで、本国インドでも、若者に大人気の車種らしいです。

 

ちなみに開発元である、本田技術研究所の社員にも乗っている人がおおいそうで。

 

②新車で10万円、という破格プライス

Naviと言えばお得なプライス。

日本国内では正規販売していないないので、SOXなど逆車を取り扱っている

お店での購入になります。

 

f:id:equipmentalism:20181125110524p:plain

画像:Gooバイク 

 

国内での新車価格は約10万円!

 

低価格バイクで言えば、10年ほど前にSUZUKIのチョイノリ約6万円の車両価格で話題になりましたね。

ただチョイノリが50ccであることや(マジでチョイノリしかできないらしい)、変速レスであることを考慮すると、

 

Naviはめちゃめちゃコスパがイイのは確実ですね。

 

 

②スペック

以下スペックです↓↓

f:id:equipmentalism:20181125112655p:plain

f:id:equipmentalism:20181125112807p:plain

出典:http://www.bikebros.co.jp/catalog/1/207_1/

 

 

③走りはどうなの???

スペック上は5.8kW(7.8馬力)ということなので、海外製125スクーターのようなパンチ力はないでしょうね。

 

ただ、ライディングポジションが一般的なスクーターとは全く違い、

普通のバイクのポジションなので、確実にバイクとの一体感は強いと思います。

僕は普段125のスクーターを足として使用していますが、下半身とバイクの接点が、

「おしり」と「足の裏」しかない分、やっぱり一体感が薄いです。

 

バイクとの一体感を高められるポジション+クラッチと変速操作が不要なので、

加減速と体重移動により集中でき、

右左折がめっちゃ楽しいのではないかと予想できます。

 

 

 

④どこで買うの???

Naviは海外モデルであり、日本国内用のモデルではないので、ホンダドリームなどの正規販売店では購入ができません。

 

逆輸入車を扱っているお店での購入になります。

全国に店舗があるお店で言えば、「SOX」「CHOPS」が、それに該当します。

Gooバイクで調べればたくさんでてきますので、最寄りのお店で買いましょう。

 

 

以上、不思議バイク、Naviの紹介でした!